« パズラボweb、オープン | トップページ | パズル飯レシピ「結びマヨネーズのサラダ」 »

2008年6月25日 (水)

「キャスト ヴォルテックス」と阿修羅像 1

2008年6月25日、「キャスト ヴォルテックス」発売。
立ち姿の紹介を兼ねて、以下のブログを紹介します:
祭りのフィナーレはやはりこれ!キャストヴォルテックス!!

制作の動機は三面六臂の阿修羅像。奈良興福寺の乾漆像が有名です。
阿修羅はそもそもどんな神様(仏様)なのか。
Wikipediaに詳しくまとめてあります。
阿修羅 - Wikipedia
善にも悪にも扱われた来歴。戦いの神にして仏教の守護神。

奈良国立博物館にある復元も、また格別の感銘を受けます。
以下のURLの「名称」に阿修羅像と入れると、画像が出ます:
奈良国立博物館所蔵写真検索システム

この阿修羅像を見て、あれこれイメージをふくらませて、
そして「キャスト ヴォルテックス」になったいきさつを、
数回に分けて書いていこうかな、と思います。

第一回は、「あ、三つの顔の表情がちがう!」について書きます。

最も知られている正面の顔は、愁いをたたえた顔と言われます。
くっきりした造形。眉間にかすかな縦皺。しかし、おだやかな口元。
向かって左はどうでしょう?
きっぱり見据えた目元。しかし、下唇を噛んでいます。
向かって右は、哀れみをたたえた目元。そして穏やかな口元。

ここから、私の空想がはじまりました。

左右の表情はそれぞれ、敗者と勝者の表情に見える。
すると正面は、戦う直前の表情に見えてくる。
この三つの顔は、いわば戦いの三位一体。

戦いの神が仏教に帰依し、武装しない守護神となったという
阿修羅の来歴もあわせ考えると、さらに空想がふくらみます。

では、それぞれの顔には、どの両手が対応してるんだろう?
これが空想の次の段階。次回に書きます。

« パズラボweb、オープン | トップページ | パズル飯レシピ「結びマヨネーズのサラダ」 »

メカニカルパズル:作品解説」カテゴリの記事

コメント

ご紹介ありがとうございました!
ファンとしまして感無量でございます。
ヴォルテックスの余韻にひたりながら
連載を拝見させていただきまーす。
博物館の写真を見てみましたが、
耳は4つあるのですね。
後ろから見たことが無いので
しりませんでした。
ヴォルテックスが立つのと同様に
意外でした!

耳は4つ、なるほど、そうですね。
両脇の顔の正面側が省略されていますが、
そこに正面の顔の耳があるので、違和感がありません。
面白い着眼点だと思いました。ありがとうございます。

キャスト・ヴォルテックス発売おめでとうございます。
私もさっそく購入いたしました。
これから大いに悩んで楽しもうと思います。
※私のブログでもヴォルテックスを紹介させてください。

ためんたいこさま、おひさしぶりです!
紹介、よろしくお願いします。
あと、ここだけの話ですけど、
次の作品は、猫をテーマor参考に、作りたいです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「キャスト ヴォルテックス」と阿修羅像 1:

« パズラボweb、オープン | トップページ | パズル飯レシピ「結びマヨネーズのサラダ」 »

フォト
無料ブログはココログ