« 2008年8月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年9月

2008年9月24日 (水)

「キャスト ヴォルテックス」と阿修羅像 2

2008年6月25日の続きです。

「キャスト ヴォルテックス」制作の動機となった阿修羅像。
三面六臂。

向かって左は、きっぱり見据えた目。しかし下唇を噛む。
向かって右は、哀れみをたたえた目元。そして穏やかな口元。
正面の顔は、眉間にかすかな縦皺。しかし、おだやかな口元。

私はこれらを、惜敗・辛勝・憐憫の表情と解釈しました。
そして、それに似合う腕の配置を空想しました。
080924asura

もちろん、この図は歴史的事実とは無関係です。

三体それぞれ非対称の、相異なる姿勢。
しかし三位一体となったときは、みごとな対称性。
ああ、これだ。
こんな形態を作って、動かしてみたいな。

こういう動機だったのです。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年12月 »

フォト
無料ブログはココログ