« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月21日 (日)

かたちをコンピュータで

『パズラボ帖 2』のパズル飯に収録した図版のいくつかは、
Rhinoceros という三次元CADで描画しました。

090621banana
(三本組バナナ、考案:えぢナガタ氏)

1990年からAutoCAD ( 個人的には LT )を使っていました。
近年は IntelliCAD に移行し、作り貯めたLISPインタプリタも
ときどき使っていました。

ここ1年は、もっぱらRhinocerosを使っています。
つい最近、アドオンツールのGrasshopperを使い始め、
そのオブジェクト指向っぷりに驚きつつ、楽しんでいます。

でも、メカニカルパズルは、手で楽しむものですから、
設計のすべてがコンピュータ上でできるわけではありません。
・パズルの「しくみ」の、計算部分
・パズルの「見せ方」の、ビジュアルの部分
・パズルの「製品化」の、データ納品できる部分
私がコンピュータを使うのは、この三つの要素だけです。

イデアをイコンに具現化する基本技法は、
やはりオーソドックスに描画や彫塑・彫刻の技法が主です。

2009年6月10日 (水)

海外版マリンキャストの特徴

「パズルショップ トリト」で、海外版マリンキャストの
取り扱いがはじまりました。
キャスト シーホース(SEAHORSE)(海外パッケージ)
キャスト リーフ(REEF)(海外パッケージ)
キャスト クロウ(CLAW)(海外パッケージ)
キャスト スターフィッシュ(STARFISH)(海外パッケージ)
キャスト シャーク(SHARK)(海外パッケージ)
キャスト シーブリーム(SEABREAM)(海外パッケージ)

従来型との違いを、列挙します。

1.大きく、重たくなった。
2.造形の作り込みがていねいになった。
3.自立するようになった。

解説文にはない3番目の特徴が、最も大きな変更点です。
6種類とも、立ちます。
090609marine01

実は、VORTEX も、立ちます。
090609marine02

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

フォト
無料ブログはココログ