« ポルトガルの鰯の塩焼き | トップページ | 1995年に「W-U」の作図をしたこと »

2009年9月 6日 (日)

ポルトガルの砂糖袋

カフェで飲むのは「ビカ」。エスプレッソ。
砂糖をしっかり入れる。ちびちびと時間をかけて舐める。

砂糖の袋のデザインが面白かったから、集めてみた。

画像をクリックすると、拡大表示します。

090906a

こちらは1997年のもの。

090906b

こちらは2005年。

ポルトガル以外でも砂糖袋を集めてみたのだけれど、
デザインがぜんぜん面白くない。日本のは特につまらない。
(古くからあるスプーン印などは面白いんだけどね)

« ポルトガルの鰯の塩焼き | トップページ | 1995年に「W-U」の作図をしたこと »

drawing from sketchbooks」カテゴリの記事

コメント

カラフルな砂糖の袋ですね。袋を見ていて思い出したのですが,子どもの頃,お弁当などについている”おてふき”を集めました(笑)。

おぉ「おてふき」、ありましたね!
駅弁の、紙+アルミの包装のものが、シンプルで視認性の良い外装だったように記憶しています。
いま画像検索したのですが、最近のおてふきのパッケージは、いかにも広告っぽくて、つまらないです。
腹立たしいくらいに。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガルの砂糖袋:

« ポルトガルの鰯の塩焼き | トップページ | 1995年に「W-U」の作図をしたこと »

フォト
無料ブログはココログ