« 旅スケッチ20050718 | トップページ | 旅スケッチ20050720前半 »

2009年10月 4日 (日)

旅スケッチ20050719

次の日は、オランダからフィンランドへ移動した。
以下はヘルシンキに落ち着いてから描いたスケッチ。

画像をクリックすると、拡大表示します。

091004a
091004b
091004c
091004d

一枚目の下にあるシラク大統領の話は、以下のようなもの;

 シラク大統領は2005年7月3日、シュレーダー独首相とプーチン
・ロシア大統領に、英国について「あんなにまずい料理をつくる
国の国民は信用できない」「フィンランドの次にまずい」と
語った。
 この報道を受けて、英国人を妻に持つフィンランド人の議員、
アレクサンダー・スタッブ氏は、大統領をディナーに招待した。

スケッチにはここまでの情報を元に書いている。

2006年10月20日、シラク大統領はフィンランドでディナー。
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2128892/1004917
仏大統領、酷評したフィンランド料理に舌鼓 - フィンランド 国際ニュース : AFPBB News

アレクサンダー・スタッブ議員の後日談としては、
http://www.moimoifinland.com/moiuutiset/moi080402.php
欧州議会のスタッブ議員(40)が新外相に就任(社会)フィンランド政府観光局
2008年4月、フィンランドの外務大臣に就任。

スケッチには「フィンランドの外相が…」と間違った情報を
書いてしまったけれど、結果的にそうなったのが面白い。

« 旅スケッチ20050718 | トップページ | 旅スケッチ20050720前半 »

drawing from sketchbooks」カテゴリの記事

コメント

 ヘルシンキにも行かれたのですね。
 私も,もう10年ぐらい前に3度,フィンランドに出かけたことがあります。前二回はオーロラが目的で。初めての海外でしたが,「北欧の水道水は大丈夫」と何度も言われていましたし,分かりやすい英語を喋ってくれて助かりました。
 ホテルの部屋の箱ティッシュが,ピンクと青が交互に出たり,家具食器の落ち着いた使いやすい(使いたくなる)デザインに感激したり・・・。お土産にしたいというより,自分が使いたいというモノが多くて今でも好きな国です。死ぬまでにはもう一度と思いますが,きっと変わってしまうだろうなぁという気もしたり(笑)。
 懐かしくて,長文失礼。

maguritさま、いいですよねぇフィンランド。オーロラを見ることはできましたか?オーロラということは、冬の旅だったのでしょうか。なにもかも凍るというフィンランドの冬、一度経験したいと思っています。
おっしゃるとおり、フィンランドではデザインの随所に気が利いていて、うれしくなりました。上記のスケッチでは、バスルーム空間にそれを感じました。水のことも、おっしゃるとおりですね。喫茶店でとりあえず水が出るのは、日本と台湾を除けば、フィンランドしか知りません。

3/2ε頃にキッテラの傍のレビというスキーリゾート地に出かけました。フレアを一度見て,次の日の21時過ぎから2時過ぎまでずっとシャッターを切ってました。数字を数えながら(笑)。//気をよくして,12月にも行ったのですが,ダメでした。真冬よりも3月頃の方がいいようです。3月頃だと,風が無いのでー20度でもそんなに寒くなかったです。朝10時頃まで真っ暗で,15時には夕焼けでした。そうそう,ミグが低空で飛んできて,感激(笑)しました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅スケッチ20050719:

« 旅スケッチ20050718 | トップページ | 旅スケッチ20050720前半 »

フォト
無料ブログはココログ