« MPz130より 抜け勾配に関する囲み記事 | トップページ | MPz130より ソファ問題に関する囲み記事 »

2009年12月 4日 (金)

MPz130より C環のパリティに関する囲み記事

『Theメカニカルパズル130』(絶版)の原稿から。
校正前のもので、出版された物とは記述に違いがあると思う。
図版を手がかりに拾い出しているので、紹介の順番がバラバラ。
そのあたり、ご容赦ください。

p.55「C環のパリティ」の説明用の図。
画像をクリックすると、拡大表示します。

091204_p55parity

C環のパリティ
2つの輪が鎖のようにつながっている場合、その組み合わせ方にはこのように2通りある。この2つは、そのままでは他方に移れない。一般的なC環の鎖の場合、はずしてつなぎなおす必要がある。これは「パリティ」(偶奇性)と呼ばれる性質の一種である。
「キャスト キーリング」をはじめいくつかのキャストパズルでは、はずすことなくパリティを変えることを実現している。
一般的な「パリティ」の意味は広い。メカニカルパズルに限定してもその応用例は広く、たとえば19ページの「畳敷き問題」の例も、パリティで説明されるものである。

« MPz130より 抜け勾配に関する囲み記事 | トップページ | MPz130より ソファ問題に関する囲み記事 »

puzzle publication」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MPz130より C環のパリティに関する囲み記事:

« MPz130より 抜け勾配に関する囲み記事 | トップページ | MPz130より ソファ問題に関する囲み記事 »

フォト
無料ブログはココログ