« 文学としてのパズル(あるいはパズルの文学性) | トップページ | ニュートンが計算できなかった狂気 »

2010年4月 1日 (木)

不可能仕口の可能性

せっかくのエイプリルフールなので、
不可能物体の設計をしてみた。
100401a
100401b

分解したら(分解できたら)、こんな2ピース。
100401c
100401d
私には作ることはできない。
だって、不可能物体だから。

空飛ぶお腹物体さんだったら、作ってくださるかも。

« 文学としてのパズル(あるいはパズルの文学性) | トップページ | ニュートンが計算できなかった狂気 »

メカニカルパズル番外:パズル飯」カテゴリの記事

コメント

むむむ、なにやらネタのご提案ありがとう。
不可能物体としてはアリですね。
考えておきますデス。

おぉ、さっそくありがとうございます!
なんか知恵の輪っぽい構造でもあるので、
私も実作に挑んでみようかな

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不可能仕口の可能性:

« 文学としてのパズル(あるいはパズルの文学性) | トップページ | ニュートンが計算できなかった狂気 »

フォト
無料ブログはココログ