メカニカルパズル:外来情報

2010年2月 4日 (木)

モノ・マガジン 2010年2日16日 情報号 No.621

100204

かなり面白い写真を載せていただいた。

撮影場所は江古田の喫茶店「松風窗」。

2010年1月 7日 (木)

ギャラリー「鍵と錠」を見てきた

100106

おそらく日本で最も上質であろう錠前コレクションを
堪能しつつ、ご主人に鍵の文化史をお聞きした。
特に幕末期から明治のものは、完動する現物を拝見できた。
錠前鍛冶職人の至芸、極まれり。

カトウロックサービス
http://www.h2.dion.ne.jp/~katolock/

2009年9月26日 (土)

パズる会2009 11月22日~23日

Pzkai090926パズる会2009、受付終了しました。

2009年8月24日 (月)

CleanUp -OskarPuzzle

動画貼り付けの実験をかねて紹介。

先日オスカーに会ったとき、実物に触らせてもらった。
実に面白かった。
「phunって知ってる?」「もちろん。でもあれ作図が面倒」
こんな会話をした。

近日、phunをメカニカルパズル設計に使ってみます。

2009年7月19日 (日)

からくりパズルフェスタ2009

その前に、
ケータイ持ってない人のために、昨日の答えを。
090717_3722nd
さて、夏休みですね。
からくりパズルフェスタ2009 開催しました。

『Theメカニカルパズル130』にも書いた(と思う)ことですが、
小田原・箱根地方は、世界でもまれなパズルの聖地
「からくり」における伝統と革新の両方が息づく場所です。

小田原箱根経済新聞の記事も紹介します;
小田原・箱根エリアで「からくりパズルフェスタ」

2009年7月12日 (日)

Vesa Timonen さんのアスキーアート

本人の了解を得ないで紹介するわけですけれど、

Vesa Timonen さんの、
牛をテーマにしたアスキーアートを見つけました。
http://www.helsinki.fi/~vhtimone/jokes/cows.txt
(無断だから、リンクしません)

元サイトは

http://www.helsinki.fi/~vhtimone/main.html 。

彼はキャストパズル新作「フック」の作者。

パズルはエンターティメントだ。
こんなテーマで、話をしてみたいなぁ。
彼は酒(ウヰスキー)もいけるみたいですし。

2008年5月 1日 (木)

パズラボweb、オープン

メカニカルパズルを楽しみながら、エスプレッソをちびちびと。
そんなパズルカフェ「パズラボ」は、本厚木にあります。
私も初めて見るパズル作品が、たくさん並んでいてびっくり。

そんなパズルカフェ「パズラボ」の、ウェブサイトができました。
PUZZLAB
貴重なパズル文化の発信に、私も協力したいな、と思っています。

2008年4月 4日 (金)

「みのるパズル」の一人歩き

PCのオペレーティングシステムは、WindowsやMac以外にも
「Linux」というものがあることは、みなさまご存知でしょう。
企業でなく個人が開発し、大勢の個人が協力して完成し、
現在では多くの変種が登場しています。

まるでWindowsやMacのように扱いやすい変種に「Linux ubuntu」
というものがあります。私も徐々に移行中。
詳しくはこちらを;Home | Ubuntu Japanese Team

さて、ここからメカニカルパズル情報。
この「Linux ubuntu」を起動したら、[アプリケーション]-
[ゲーム]-[Klotski]をクリック。
Klotskiが起動したら「ゲーム」から“Minoru パズル”を。
080404a_minoru

このブログをご覧になっている方々ならおそらくご存知の、「あべみのる」氏の名作群が出てきます。びっくりです。
このことは、あべみのるさんはご存知なんだろうか?

『Sliding Piece Puzzles』( Edward Hordern, 1987)に採録され、
「みのるパズル」は英語圏で有名になりました。
でも、商品としては、量産されていないはず。
現在でも、あべみのるさん本人による手作り品が、トリト
葉樹林で売られている程度です。(品切れだったらごめんなさい)

もしもあなたの友人が Linux ubuntu を使っていたなら、
「Klotskiの「Minoru」って、日本の有名なパズル作家だよ」
と知ったかぶりをしてくださいませ。

後日追記
あべみのるさんはこの無断公開案件をご存知でした。
「みのるパズル」も ubuntu も好きな私としては、
だれもが納得できる解決策を、切望いたします。

フォト
無料ブログはココログ